読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

憧れの彼を追い越し過ぎたのかはわからない








彼にね、

君がこんなにビッグな女になるなんて思わなかったよ、

って言われたの。





小学校1年生のときに告白してフラれた、初恋の、幼馴染の彼に。


なーんでもできて、人望も厚くて、ずっと、フラれてからもずっと、憧れの彼に。





その言葉を聞いて、嬉しかったし、寂しかった。





フラれて、その後も私は恋愛としての好きはなくなったけれど、人としてずっと好きだった。
中学で彼に可愛い彼女ができたときも、嫉妬とか全くなくて、純粋に人として好きだった。



幼馴染ってこともあって結構私はなんでも言ってて。好きだよってずっと言ってた。恋愛じゃなくて人として、って言うのはなんか違う気がして、ずっと、好きだよとだけ言っていた。

彼は多分、まだ私が恋愛として好きだと思っているんだろうね、彼女がいるからごめんな、ってずっと言ってくるの。愉快。
幼馴染として安心するから会いたいのに、彼女に怒られるからごめんな、って。



そんなところも好き。

なんていうか、真面目。

彼女、愛されてて羨ましいな。
あの彼に愛されてて羨ましいな。




男の子にも人気でね、中学では生徒会長もやっていたし、勉強もできて、勉強しか取り柄のない私は、この点でだけライバルとして彼と関われたの。



ほーんとに、なんでもできて、誰からも好かれて、私とは別世界の彼。





その彼にね、

遠い存在になっちゃったな、ビッグな女になったな、

って。




寂しいよね。

フラれた身としては、見返した、嬉しい。

でもそんな気持ちほとんどなくて、お塩ひとつまみくらいしかなくて、寂しいが6カップ。






私が憧れていたあの彼が、私より自分を下に置いている。彼の価値が。あの彼の価値が。

あの自信で満ち溢れていた彼が、小さい。




私はね、遠くなんてまったくなってないって思ってる。むしろ今でも彼は憧れで、ずっとすごい人。




でも彼の中では変わった。

私は遠い存在になってしまったのだ。

ただでさえ、フラれて、はぐらかされて、彼女という壁もあって、能力の差もあって、私の中で遠かった彼が。

彼の中でも私は遠い人となってしまった。




2人の距離が、広がった。





寂しい。


そして私なんかを上に見るほど、彼の自己認識が小さくなってしまったことが


寂しい。



あの頃と変わったことなんて、私が彼より少し偏差値の高い進学校に通って、彼が地元国公立に挑戦受験、私が都内私立大学に進学、それだけのこと。

本当に、それだけのこと。

それ以外何も変わっていない。


なのに、たったこれだけのことで遠くなったと言う彼が、なんだか情けない。こんなことで、大学などという観点だけで、人間の差を見出している、大学という段階だけで、ビッグなどと言っている、そんな彼が、情けない。いつでもどっしり構えて頼り甲斐のあった彼が、情けない。
 


あなたは高校で部活も勉強も頑張った。そうでしょう?たまに愚痴をこぼしてくれたあの部活を熱心に頑張った。そこにあなたの価値が、勝ちが、あるんじゃないの?



私はそう考えられるのに、彼は一点しか見ていない。情けない。寂しい。寂しすぎる。



そして彼にそんなことを思わせてしまうこの何の価値もない学が、悔しい。



この学というレッテルだけで、彼を励ませる立場にいつの間にかなっていた。なにか行き詰まったときに、声をかけているのはいつの間にか私だった。いつの間にか説得力があるとまで言われてしまうようになった。あの彼に。私は何も変わっていないのに。学ってなんだ。なんなんだ。





彼に近づきたくて頑張ったのに、いつの間にか通り過ぎ過ぎていたのか。

私にはよくわからない。

彼は認めるこの学では、この頭では、なにもわからない。




彼は今でも私の憧れ。
私は彼よりずっと小さい。






このいつまでも一致しない2人の感覚が、どこまでも私たちを遠ざけているのだろうか。